2015/05/15

分譲マンション共用部に”アート“を取り入れる。『ヴェレーナ千葉ニュータウン中央』

インターデザインの藤高周平です。

最近分譲マンションの共用部にちょっとした“アート”を採用している物件を見かける。

バブル時代の建物にも“アート”を見かけるが、あのころはお金が使えるからとりあえず“アート”だったように思う。

時代が進んでネットなどで情報を取り入れやすくなり、地方でも村おこし美術館ができ、あちこちで作家さんの古典が開かれるなど、日本にも芸術の文化が根付いてきたように思う。(ヨーロッパにはまだまだ及ばないけど・・・)

そういった時代背景が分譲マンションにも“アート”が取り入れている理由だろうな。

先日竣工した『ヴェレーナ千葉ニュータウン中央』(事業主は大和地所レジデンスさん)の共用部にもいくつかの“アート”が設置されている。

デザインさせて頂いたのは1年以上前のことだが、事業主の責任者さんが“アート”に理解があって、きちんと予算を確保されたことで完成した物件となっている。

エントランス正面のガラスレリーフ。
10_風除室

ラウンジニッチ部のエッチングガラス。
href=”/sys/wp-content/uploads/2015/08/6332b32aaee6d0bd83da185fc3c4b84b.jpg”>12_集会室兼ラウンジ

ホールたまりスペースの織物アート。
16_エントランスホール・ラウンジ

◇分譲マンションデザイン監修実績800棟◇
株式会社 インターデザイン 担当:藤高周平
◇東京オフィス:東京都港区南青山4-10-12 VICOLO南青山
◇大阪オフィス:大阪市中央区南本町2-2-2 明治屋南本町ビル
◇デザイン監修お問い合わせ:info@interdesign.co.jp